メモ

We can only solve this riddle if we manage to see the parents, too, as insecure children---children who have at last found a weaker creature, in comparison with whom they can now feel very strong.

The Drama of the Gifted Child: The Search for the True Self, Third Edition (English Edition) Alice Miller p.71

この虐待は連鎖している。

同じような関係は、イジメや動物虐待にも見られると思うが、表面的には虐待として認知されないのが、厄介なところ。

 

Disregard for those who are smaller and weaker is thus the best defense against a breakthrough of one's own feelings of helplessness

The Drama of the Gifted Child: The Search for the True Self, Third Edition (English Edition) Alice Miller p.72

 自分が愛されておらず、利用されていたという現実から目をそらす為に、誰か弱いものをいじめる。彼らはこれにより、自分が成長した(まともだ)と錯覚したりするが、迷惑な話である。

よくあることだが、このメカニズムが出ている人間(かなり多いような...)には注意。

 

When that happens, the grown son will idealize his mother, since every human needs the feeling (and clings to the illusion) that he was really loved; but he will despise other women, upon whom he can take revenge in place of his mother. And the humilitated grown daughter, if she has no other means of ridding herself of her burden, will revenge herself upon her own children.

The Drama of the Gifted Child: The Search for the True Self, Third Edition (English Edition) Alice Miller p.73

 親に利用された子供が成長すると、

男の場合は、母親に対して、愛されていたという偽りの幻想をもつ。そして、その抑圧された復讐心は別の女性へと向かう。

女の場合は、復讐心は自分の子供へと向かう。

ということらしい。感覚的に腑に落ちる。

世の女性蔑視もこういうところから来ているのは、想像に難くない。

 

Except in the case of murder or serious bodily harm, this unrestrained use of power is tolerated by society;

...

the child is regarded as the parents's property in the same way as the citizens of a totalitarian state are considered the property of its government.

The Drama of the Gifted Child: The Search for the True Self, Third Edition (English Edition) Alice Miller p.72

 物理的な害がなければ、この手の虐待は社会的に許容されてしまっている。

これを問題をみなすと、対象となる人が五万といるので、認めるのは難しいという感じか・・・特に儒教圏は難しい気がする。

まじこれどうすんだろ。

 

全体主義のメタファーは、なるほどという感じ。

確かに、「イエ」という政府を運営して、親が自己満足と現実逃避している感はある。

その世界観の下では、子供は「イエ」の財産であり、生産性が求められるんだろう。

これも、儒教個人主義の問題なきがするのだが、出口はあるのだろうか?