愛情・幸せを感じる瞬間の歪み

ダメな人間関係というものはあるのだが、どうしてもそこでも愛情や幸せを期待して、執着してしまう。

頭では無理だとわかっているんだけど、渇望として喉から手が出て来る。

 

一方で、良い人間関係だと思える時、どうしても躊躇いが生じる。

 

本当なら後者を目指して、邁進すべきなのだが、なぜか吹き溜まりで愛情や幸せを求めている。とても矛盾している。

 

自分を直視することの恐怖が関係していると思うんだけど、もう少し考えてみる。